新着情報

投稿者: staff (2ページ目 (9ページ中))

1月9日(日) 第4回東北U・Iターン大相談会に参加します

第4回東北U・Iターンに白石市も参加します!
当初7月に開催する予定でしたが、来年1月9日(日)に延期されました。

当日はオンラインではなく、会場で対面でのご相談を受付しております。
イベントの詳細はこちらからご確認ください!

また、イベント終了後1週間はアフターオンライン個別相談として、ZOOMでのオンライン相談を受付しています。アフターオンライン個別相談は特設サイトの予約フォームからご予約いただけます。
※無料ミーティングアプリ「ZOOM」のダウンロードが必要となります。

【開催概要】

日時:2022年1月9日(日)11:00~16:30

主催・企画運営:認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター

会場:東京交通会館12階

年末年始休館のお知らせ

いつも109-oneをご利用いただき、ありがとうございます。

年末年始は12月28日(火)~1月4日(火)まで休館とさせていただきます。

1月5日(水)から通常営業となります。

ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

しめ縄ワークショップ

今回のワークショップでは、素敵なしめ縄飾りを作りながら、参加者の皆さんと和気あいあいと交流しました!

土台となるしめ縄の色選びからお花やタッセルの飾りまで、それぞれお気に入りのものを順番に選んでいただきました。

材料を選んでから配置を決め、グルーガンで付ける作業に苦戦する場面もありましたが、それぞれ味のある個性的な作品が完成しました!

そして、白石の暮らしについての情報交換として、アンケートにもご協力いただきました。
白石の自然豊かなところが好きとのお声が多かったです!
自然に囲まれて日々の生活をゆったり過ごせるところが魅力的とのことでした(^^♪

市民農園で野菜の収穫イベントを開催しました!

移住者と地域の交流の場として、11月28日(日)野菜の収穫イベントを開催しました!元白石市の地域おこし協力隊、現在陶芸家として活動をしている竹田さんが大事に育てた大根、カブ、里芋を収穫しました。

写真は竹田さんが収穫の仕方を説明していますところです!

収穫前のカブと大根です!
どれも立派で美味しそうです。

それぞれの野菜の頭が見えていたこともあり、小さなお子さんでも簡単に引き抜くことができました!

最後になりましたが、参加者の皆さん、そして野菜や場所の提供をしてくださった竹田さん、本当にありがとうございました!

今後も109-oneでは様々なイベント企画を予定しています。
ぜひ一度ご参加ください!

 

クリスマスワークショップ

11月14日(日)、109-oneの会議室でワークショップを開催しました。
今回はクリスマスが近いので、『クマサンタ』を作るトールペイント教室!
参加した皆さんは、筆を器用に使って、クマのもこもこした毛並みやかわいらしい表情を描いていました。
個々で表情やサンタの衣装にアレンジを加え、とても素敵な『クマサンタ』が完成しました。
同じ材料ですが、作る人によって違う作品ができるところが面白いですね。

最後に参加者の皆さんに、白石のオススメをアンケートしたところ、ありがたいことにたくさんのオススメを教えていただきました!ありがとうございました!

今後も白石の情報交換ができるような交流の場を企画したいと思います!

さいかわ宝ものMAPづくり に参加しました!

斎川公民館の斎川まちづくり協議会が主催する「さいかわ宝ものMAPづくり」に、109-oneスタッフも参加させていただきました!

斎川地区は、白石市の中ではやや南寄りに位置し、国道4号と在来線が通る地域です。
また、斎川公民館は文部科学省の第72回優良公民館表彰において、東北初の「最優秀公民館」を受賞した公民館です!

今回のMAPづくりは、斎川の魅力の再確認や新発見を目的とした斎川公民館の取り組みです。
実際にまち歩きをしながら、参加者同士で感想をシェアし、どんなMAPにしたいか話し合いが行われました。

参加者は地元の方が多く、斎川の歴史的エピソードをたくさん教えていただき、とても勉強になる貴重な経験でした。109-oneは、白石市に移住してきたスタッフや他の地区で暮らすスタッフなど、外からの視点として参加しましたが、斎川の歴史や人の魅力に触れ、帰るころにはすっかり魅了されていました!斎川の歴史を大切に語り継いでいきたいという想いが、地域の活力につながっていることに改めて気づかされました。

    

さらに細かいMAP制作の編集や校正は、白石市を含め多くの地域で活躍されているプロのライターさんにお任せしています。来年の1月に、印刷前の原稿を参加者同士で確認し合い、ライターさんから振り返りやポイントの解説をしていただく予定です。どんなMAPが完成するかとても楽しみです!

コウモリをつなげてガーランドを作ろう

先日、移住者と地域の交流の場としてハロウィンワークショップを開催しました。
今回は羊毛フェルトでコウモリを作り、紐につなげるガーランドのワークショップでした。

ご参加いただいた皆さんは、初対面の方が多かったですが、作業の進捗状況や白石の暮らしの情報交換など、交流をしながらガーランド作りをしていました。
好きな色を組み合わせて、参加者の皆さんの個性溢れるガーランドが完成しました!
講師のこ・にゃにゃさんは、白石市に移住してからも、羊毛フェルトや消しゴムはんこ、古布の作品制作など幅広く活動されています。

   

   

   

感染対策として換気や消毒を行いながら、今後も定期的に交流の場を企画しています。
次回はクリスマスのワークショップを予定しているのでお楽しみに☆彡

お試し住宅のご利用について

いつも109-oneをご利用いただきありがとうございます。

10月1日から県外の方を含めたお試し住宅の利用受付を再開いたしました。
現在お待ちいただいている方から順番にご案内しております。

お試し住宅を通して白石市での移住体験をしていただけるよう、引き続き感染対策を行いながら109-oneスタッフ一同お待ちしております。

お試し住宅についてご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

なお、今後の感染状況によって再度延期になる場合もございますので、あらかじめご了承下さいませ。

新型コロナウイルス感染症への対応について(貸館再開とお試し住宅について)

9月12日に宮城県の緊急事態宣言が解除され、再びまん延防止重点措置の対象となりました。
この方針を受け、109-oneでは、相談スペース、交流スペース及び会議室の貸館を9月13日(月)より再開することが決定いたしました。
また、お試し住宅の利用は県内利用者のみとなり、県外の方のご利用をご遠慮いただいております。

なお、今後の状況により見直される場合がありますが、引き続き、以下のとおり利用を一部制限させていただきます。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

【利用制限】
・交流スペース、会議室の利用は原則2時間までとさせていただきます。
(会議室は換気等のため1時間以上間隔をあければ継続利用可。なお利用人数は最大9人まで)
・お試し住宅は、県外からのご利用はご遠慮願います。

【利用者の皆さまへのお願い】
・人と人との距離をとるようご協力ください。
・来館される場合はマスク着用や手指消毒にご協力ください。
・口や鼻をハンカチなどでおさえる「咳エチケット」を心がけてください。
・体調が悪い時には、ご利用をお控えください。
・その他、感染拡大防止のためのお願いをする場合があります。

詳しくは、白石市移住交流サポートセンター「109-one」までお問い合わせください。
電話:0224-26-6201

« Older posts Newer posts »

© 2022 News

Theme by Anders Noren上へ ↑