株式会社TBM

株式会社TBM

トップ > 株式会社TBM

株式会社TBM

紙に代わる新素材「LIMEX」によって地球規模の循環型イノベーションを!





「LIMEX(ライメックス)」とは、石灰石を主原料とし、紙やプラスチックの代わりとして活用することができる新素材です。石灰石は埋蔵量も多く、資源に乏しい日本でも100%自給自足できる資源です。世界中で多く採れる資源かつ高効率でリサイクルも可能なため、ほぼ「無尽蔵の資源」と言っても過言ではありません。水や木を使わずに紙代替製品を、石油の使用量を減らしてプラスチック代替製品をつくることができるため、地球にやさしいだけでなくコストも低く抑えることができます。「エコロジーとエコノミー」を両立することができる新素材として世界から注目されています。

最近では各方面から注目されており、カンブリア宮殿で特集される他、国内外のベンチャー、ビジネスアワードでも複数受賞しております。この「LIMEX」の普及率を高めることで、紙やプラスチックといった自然環境に影響が大きく、かつ限られた資源を守り、地球規模で持続可能な世界を作るべくイノベーション活動を行っている企業です。事業スケールがとにかく大きいですよね。

白石工場はこの新素材「LIMEX」を製造している国内拠点

白石工場はこの新素材「LIMEX」を製造している国内拠点
「LIMEX」は石灰石を主原料に紙やプラスチックの代替となる、エコノミーかつエコロジーな新素材です。ざっとこの新素材の沿革をご紹介します。

2013年
経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業「先端技術実証・評価設備整備費等補助金」に採択

2014年
国内特許を取得し、現在は米国や欧州など世界43カ国にて特許を取得・申請中

2015年
宮城県白石市に年産6,000トンのLIMEXを製造するための工場を建設

2016年
米国シリコンバレーの「Plug and Play」で初の「世の中に最も社会的影響を与える企業ソーシャルインパクトアワード」を受賞

2017年
「第4回スティービー・アジア・パシフィック賞」の「新製品&製品管理」「企業/団体」カテゴリーにおいてゴールド賞(金賞)をダブル受賞

紙の代替として「エコロジー」かつ「高性能」



○原料に木や水を使用しないので、「エコロジー」かつ「エコノミー」
 普通紙1トンを生産する場合:樹木を約20本、水を約100トン使用
 LIMEX紙1トンを生産する場合:石灰石0.6~0.8トンとポリオレフィン約0.2~0.4トン

○「耐水性」も高く、浴室や水回り、屋外や水中での利用が可能
○経年劣化に強く、半永久的にリサイクル可能

プラスチックの代替として



○石油由来樹脂の使用量を削減可能
 従来のプラスチック原料:石油由来樹脂100%
 LIMEX:主原料が石灰石

○単価の安い石灰石を主原料とすることで価格競争力が高い(原材料コストが大幅に削減可能)
○LIMEX紙をリサイクルしてLIMEX製プラスチック成型品を作れるのでエコロジー
○日本でも100%自給自足できる資源でありながら、世界各地の埋蔵量もほぼ無尽蔵
会社名
株式会社TBM
所在地
宮城県白石市大鷹沢三沢字前輪55