《新しい仲間を募集》

移住希望者それぞれが思い描くライフスタイルを尊重し、最適な居・職・住を共に考える「移住・定住の総合窓口」。
ここに来ればおもしろい出会いがある、新しい何かが動き出す、そんなワクワクが生まれる「移住者と地域の交流の場」。
白石に何度も訪れたい、関わり続けたい、そんな想いが醸成されるきっかけをつくり、白石のファンを増やす「交流人口・関係人口の増」。
この3つの目標を掲げて、「109-one」を核とした人のつながりと新たな視点と発想力を活かして、地域課題の解決や地域の価値を創り出す原動力となる地域おこし協力隊の仲間を募集します。

《若者が住みたい、住み続けたいまちに》

白石市は平成30年5月に駅前通りの空き店舗をリノベーションした白石市移住交流サポートセンター「109-one(トークワン)」の開設とセンター敷地内、小原地区にお試し住宅による移住体験の受け入れを始めました!
さらに、「109-one」を活動拠点とする移住定住コーディネーターと地域おこし協力隊が着任し、移住・定住に向けた本格的な活動を開始しました。
もっと”ワクワク”を白石に!!

《募集特設サイト》

詳しくはこちらまで→https://shiroishi-city-project.com/